スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

第7章 過去



翌日、わたしは何時もの様に通学し、何時もの様に挨拶をし、授業の準備に備えた。創設祭の一連の出来事以降、わたしはクラスメイトと少し距離があった。物の見方を変えれば、自分の勉強に集中出来き、多少は負担が無くなり、わたしにとっては好都合だった。自分の勉強に集中出来るからだ。勉強繋がりで言えば休みの期間、何処で勉強をしようかと考えていた。


今までのわたしなら迷わずに図書館を選ぶのだけど、あなたに勉強を教えるのも悪くないのかも知れない。勉強だけではあなたは身が持たないだろう。その時は外に出て過ごせば良いし、わたしだってあなたと行きたい場所、見たい景色もある。これは冷静に考えるとデートなのだろう。わたしは妄想にふけて、単に惚気てもいた。そのような事を授業の合間に考えていた。
わたしの人生にこんな事が今まであっただろうか?とさえ考えた。

昨日の出来事を振り返り、我に返った。わたしは美也ちゃんに聞きたかった事があった。話自体もしかしたら10分程度で終わるかも知れないし、場合によっては20分以上かかるかも知れない。なんせあなたの妹さんだし、的を得ない答えが返ってくるかも知れない。そう考えてわたしは昼休みに美也ちゃんと会う事に決めた。


それまでの時間はあなたに昼休みの予定を聞き、わたしは適当に口実を告げ、予定に移す事にした。




‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「美也ちゃん。こんにちは。...食事中ごめんね。落ち着いたらで良いんだけど、この後時間もらえないかしら?」

「あっ!絢辻先輩こんにちは!...この後ですか。...大丈夫ですよ!」

そうやって簡単なやり取りを行い、テラスで待ち合わせる事にした。美也ちゃんは相変わらずにしししっと笑っていた。最初は妙な笑い声に感じたが、今では違和感を感じなかった。それどころかその笑い声は美也ちゃん特有の声だと認識した。
その後、昨日のケーキの御礼、あの時、美也ちゃんの過剰な反応を示した真意を聞いた。事の発端はこうだった。

ーー2年前のクリスマスに初恋の相手をデートに誘ったが、その場所に相手が来なかった事。その数日間、あなたは押し入れに閉じこもり、3学期の期間を苦痛を味わいながら卒業を迎えた事。相手が来なかった事の真実が解らなかった事。ーー

やがて進学し、恋に奥手ではあったが、わたしとあなたが巡り会えて美也ちゃんは感謝している様子だった。わたしだって出会えた事に感謝している。
最初はあなたの性格は純粋すぎて、優しくて、危ういとさえ思っていた。わたしとあなたの価値観が違いすぎて、偽善者気取りとさえ感じた。わたしは沢山の結果を出してきた。それでも報われなかった事、わたしを見ていて欲しい人が家族じゃなかった事、誰も見ていなかった事、それが何よりも悲しかった。だけど。


あなたはわたしを見つけてくれた。自分勝手かも知れないが、あなたの事を知りたかった。過去も未来も受け入れたかった。ただそこにはわたしのエゴも少しだけ覗かせた。わたしは過去も家族についても避けてきた。ここでわたしが問いつめてもそれはフェアじゃなかった。あなたに対しては公平さを求めた。無意識に自分に返ってくるものと考えていたからだろう。しかし別の角度から考えれば、あなたはその過去の出来事を克服しているのかも知れないとも思った。わたしを好きでいてくれた事で成長したのかも知れない。わたしはどうすれば良いか考えていた。答えは知っていたが、美也ちゃんの前で感づかれるのを避ける為に一言御礼を言って、手に持っていたお菓子を渡した。美也ちゃんは最初は遠慮したものの、上手く言いくるめて、美也ちゃんは礼を言いお菓子を受け取って校舎に戻って行った。




わたしは暫く立ち尽くしていた。やはりたいした事ではないだろうと思っていたが、たいした事ではないと結論づけてしまうほど、わたしはあなたを知らない。チャイムが鳴っていたと思うがそれはさほど重要な事ではなかった。まだクリスマスツリーの撤去作業が残っており、木陰がやけに大きく感じた。



わたしの陰はあまりにも小さく、無情にもわたし自身を見つめていた。








スポンサーサイト
テーマ : 二次創作
ジャンル : 小説・文学

Tag:AmagamiSS  Trackback:0 comment:2 

Comment

ikas2nd URL|ご挨拶と感想
#- 2011.01.09 Sun08:05
遅まきながら、あけましておめでとうございます。
オイサンです。
今年もよろしくお願い致します。

精力的に執筆されているようで、圧倒されます。
オイサンも見習わなければ。

まだ未完とお見受けしますのでお話に関するしっかりした感想は控えますが、
全体的に、絢辻さんの視線が淡々としながらも(しているからこそ?)
新しい世界に向けた愛おしさに満ちていて、とても瑞々しく心に伝わってくるようです。
絢辻さんの、少し涙で潤んだ瞳のフィルタを通して世界を見るような。
絢辻さんとの一体感があり、むずがゆいような気持ちにさせられました。
感動系FPSとでも申しましょうか(ナニソレ)。

文章と読み手にどういう関係を結ばせようとされているのかが
画面になって伝わり、抵抗なく読むことが出来ました。
ところどころ筆が急ぎ足になっているように感じる箇所がありますが
それも意図的でしょうか?

いずれにしましても、
最終的にどんな絢辻さん像が浮かび上がるのか、
楽しみに読ませて戴きたいと思います。

ではまた。
今後も宜しくお願い致します。
sansha URL|ikas2nd様。コメント有り難う御座います。
#- 2011.01.11 Tue14:30
ご返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

こちらこそ今年も宜しくお願い致します。

> 全体的に、絢辻さんの視線が淡々としながらも(しているからこそ?)
> 新しい世界に向けた愛おしさに満ちていて、とても瑞々しく心に伝わってくるようです。
> 絢辻さんの、少し涙で潤んだ瞳のフィルタを通して世界を見るような。
> 絢辻さんとの一体感があり、むずがゆいような気持ちにさせられました。
> 感動系FPSとでも申しましょうか(ナニソレ)。


有り難う御座います。嬉しいです。
SSを生涯初投稿で、ほめられた事もないので、恥ずかしくもありますね。

後日、続きと後書きを掲載しますが、オイサンが仰った様に、絢辻さんが恋をして結ばれた。同時に僕の推測では大事な人を失いたくないという気持ちから、絢辻さんの弱さ等を描いてきたつもりです。絢辻さんが見る世界を色鮮やかにと考えて書いています。
僕が想像する絢辻さんのイメージは、もちろん優等生でしっかりしており、優しくて努力家の反面、ドジっこで人間味に溢れてて、情に厚く、甘えん坊で悪戯っ子とか、そう言うイメージで1人の人格として見ています。

現在、次章、その他短編も執筆中なのですが、自分がこの人だ。と決めた以上、しっかり向き合って描きたいと思っております。

絢辻さんにFPSでインファイトを挑んでいる様な感じだな。と自分では思っています。


> ところどころ筆が急ぎ足になっているように感じる箇所がありますが
> それも意図的でしょうか?

すみません。恐らく意図していないので自分の力が及ばなかったのかも知れません。
次章以降、突き詰めて描きたいと思います。


それでは今後とも宜しくお願い致します。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

sansha

Author:sansha
愛読書
レイモンド・チャンドラー
アイスバーグ・スリム
トルーマン・カポーティ
スコット・フィッツジェラルド
村上春樹 等

本サイトは音楽、映画、そして創作小説等を
紹介していきます。
リンクフリーです。
もし何かあれば下記までご連絡を。

Email:brightness.blues@gmail.com
コンタクトお待ちしております。

since 2010.11.01

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。